HOME > 診療案内 > 予防・ワクチン接種

診療案内

予防・ワクチン接種

ワクチンで、大切な家族の未来を守る予防をしましょう

狂犬病ワクチン

日本にいる生後3ヶ月齢以上の犬は、年に1回、狂犬病ワクチンの接種が法律で義務づけられています。
猫を海外に連れて行くときにも接種が必要になる場合があります。

混合ワクチン
  • 犬は生後2、3、4ヶ月齢の計3回接種。以降は1年に1回の接種です。
  • 6種:ジステンパー、犬アデノウイルス(2型)感染症、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症
  • 8種:ジステンパー、犬アデノウイルス(2型)感染症、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ(2型)病
  • 猫は生後2、3ヶ月齢の計2回接種。以降は1年に1回の接種です。
  • 3種:猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症
  • 5種:猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病、猫クラミジア感染症

当院では、犬は6種または8種、猫は3種または5種のワクチンを、飼育環境や健康状態によって飼い主の方と相談して接種しています。

猫免疫不全ウイルス(FIV)ワクチン

FIV陽性の猫と同居する場合や、外に出る場合に接種します。
1年目は3週間おきに計3回接種。以降は1年に1回の接種です。

フェレットさんのワクチン

ジステンパーウイルスを予防するために必要です。
フェレットのワクチンは日本で認可されていませんので、犬用の混合ワクチンを使用します。
犬ジステンパーウイルスは、犬とフェレットの両方に感染します。


このページのトップへ