HOME > お知らせ

お知らせ

夜間の救急対応終了のお知らせ

2018年8月1日より、夜間の救急対応を他専門機関へ委託する事と致しました。
今後の夜間の救急対応につきましては、夜間往診専門 梅原動物病院 へご連絡下さい。 ご迷惑をお掛けしますが、皆様のご理解とご協力をお願い致します。




    〒158-0095
    東京都世田谷区
    夜間往診専門 梅原動物病院
    獣医師 梅原 英輝
    TEL 090-4043-0999(19:00~5:00)
    mail : umehara_animalhospital@yahoo.co.jp
    HP : http://uvet.iza-yoi.net/index.html

「動物別症例集」に「セキセイインコの腹壁ヘルニア」を追加しました。

「動物別症例集」に「セキセイインコの腹壁ヘルニア」を追加しました。

犬の「フィラリア検査&健康診断キャンペーン」

世の中はゴールデンウイーク真っ最中!

ココニイル近くの中野四季の森公園でも、ゴールデンウイークイベントでにぎわっていました。
レジャーにイベント、里帰りなど、皆さん楽しい一週間になるといいですね。

さて、そんな中ちらほら蚊の目撃報告、被害報告も聞き始めました。
気になるのがフィラリアの予防ですね。

フィラリアの予防は、蚊に刺されても1ヶ月以内に予防を始めれば、発症することはありません。焦って検査前にフィラリアの予防薬を使ってしまうと、重度の副作用が出ることがありますので、しっかり検査をクリアしてから、フィラリア予防を始めるようにしてください。

ココニイル動物病院では、昨年同様フィラリア検査と健康診断の血液検査のお得なキャンペーンを実施しています。
若いうちからの健康診断の積み重ねておくと、体の微妙な異常を発見しやすくなります。その子の年齢に応じていくつかのコースを設定していますので、是非ご相談くださいね!

spring18.jpg

「動物別症例集」に「ウサギの軟部組織肉腫」を追加しました。

「動物別症例集」に「ウサギの軟部組織肉腫」を追加しました。

猫の健康診断キャンペーン(~2017/1/31)

今年も猫ちゃん向け健康診断キャンペーンが始まりました!

寒くなったこの季節、泌尿器トラブルなど、猫ちゃんも体調を崩しやすい時期です。
近年は高齢の猫ちゃんも増え、特有の病気も増えてきています。

高齢の猫ちゃんに腎臓病が多いことは、一般的にもよく知られるようになってきていますが、その他にも甲状腺機能亢進症肥大型心筋症など、かなり進行しないと症状が現れない病気も実は多いのです。

早期腎臓病マーカー(SDMA)を含めた4種類の血液検査のコースに加え、尿検査レントゲン検査なども、通常よりもお得な価格でできるようなキャンペーンとなっています。

早期発見・早期治療によって、猫ちゃんたちがより快適に長生きできるよう、是非この機会をご利用ください。
詳しいキャンペーンの内容については直接ご来院頂くか、お電話でお問合せ下さい。

「動物別症例集」に「犬の鼻孔拡張手術」を追加しました。

「動物別症例集」に「犬の鼻孔拡張手術」を追加しました。

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)の感染について

既にニュースでご存知の方も多いと思いますが、マダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)について、厚生労働省からの注意喚起が出されました。
詳細は日本獣医師会HP(http://nichiju.lin.gr.jp/)をご覧いただきたいと思いますが、要約すると以下のようになります。

①マダニに刺されることで、人も動物もSFTSという病気にかかる可能性があります。
②SFTSウイルスに感染した人や動物から、人へ感染する可能性があります(ただし、犬猫からの感染はごくまれなケースと思われます。)。

動物病院からの注意としては、以下の2点を特にご注意ください。
①外にお散歩に行く動物は、マダニの予防を徹底すること。
②弱った野生動物(野良猫を含む)をむやみに触らない事。


特にマダニはSFTSだけでなく、日本紅斑熱やライム病、動物ではバベシア症など、色々な病気を媒介することがよく知られています。
マダニは屋内にいるダニとは違う種類で、草むらなどに生息し、近くを通った動物に取り付いて吸血します。吸血することで、体が数倍に膨れ上がり、数日かけて十分に吸血した後で、地面に落ちて卵を産みます。大きくなったマダニを、イボができたと勘違いされる方も多いです。

マダニ対策としては、月に一回背中につけたり、飲ませたりするタイプの薬が主流です。(全く付かなくするわけではありませんが、付いてもすぐにマダニが死んでしまうという薬です。)
ココニイル動物病院では、いくつかのタイプの薬をご用意していますので、やってないという方は一度ご相談下さい。

これからの時期、特にワンちゃんと一緒にお出かけする方も多いと思いますが、動物たち、また自分自身やご家族のために、できる予防はしっかりとやっておきましょう。


「動物別症例集」に「犬の乳腺腫瘍」を追加しました。

「動物別症例集」に「犬の乳腺腫瘍」を追加しました。

「動物別症例集」に「ウサギの歯根膿瘍」を追加しました。

「動物別症例集」に「ウサギの歯根膿瘍」を追加しました。

「動物別症例集」に「皮膚糸状菌症」を追加しました。

「動物別症例集」に「皮膚糸状菌症」を追加しました。

1234

アーカイブ

このページのトップへ