HOME > 動物別症例集 > ハムスター > ハムスターの直腸脱

動物別症例集

< ウサギのトレポネーマ症  |  一覧へ戻る  |  フェレットの異物による腸閉塞 >

ハムスターの直腸脱

肛門から直腸が飛び出しています。

概要
過度にお腹に力が入ったときに直腸が肛門から飛び出してしまった状態になり、これを直腸脱とよびます。
ハムスターは直腸脱を起こしやすい動物として知られています。

原因
ひどい下痢や便秘、加齢などが原因となって起こります。
下痢にはウェットテイルと呼ばれる腸疾患や寄生虫が関わっていたり、便秘には腎不全や水分摂取不足などが関与していることがあります。

症状
飛び出してしまった腸は、うっ血や感染を起こしてしまいます。
ひどいときは腸が壊死してしまったり全身に感染がまわって、命にかかわることも多いです。

治療
なるべく早くに肛門内に戻します。
再脱出することも非常に多いので縫合糸で肛門を狭めるような処置も行います。
また、原因となるような疾患の治療も同時進行で行います。

ギャラリー


カテゴリ:

< ウサギのトレポネーマ症  |  一覧へ戻る  |  フェレットの異物による腸閉塞 >

このページのトップへ