HOME > 動物別症例集 > トカゲ > ニシアフリカトカゲモドキの機能的卵閉塞

動物別症例集

< ヒョウモントカゲモドキの卵胞うっ滞  |  一覧へ戻る  |  ウズラの総排泄腔脱 >

ニシアフリカトカゲモドキの機能的卵閉塞

上記の画像は2ヶ月前に交配してから食欲が廃絶し、腹部が膨満したニシアフリカトカゲモドキのレントゲン画像です。 下腹部には卵殻が形成された2つの卵が確認されます。

トカゲの雌性生殖器疾患である卵閉塞の主な症状としては食欲不振、腹部膨満であり、卵殻形成によるカルシウムの大量消費のため低カルシウム状態となり、卵管平滑筋の反応を低下させ難産を助長させたり、元気の消失や神経症状もみられる場合もあります。

治療法としては、水和状態や栄養性の問題を考慮し、補液やカルシウム剤の注射を行ったり、産卵を促すためオキシトシンなどのホルモン注射を行うこともあります。
生殖器自体に異常がみられたり、内科療法が無効であった場合は外科的処置も一つの手段として挙げられます。
また治療だけでなく、産卵床は適切か、環境ストレスはないか、などの飼育者の飼育環境の見直しが最も重要な改善の糸口となる場合もあります。

ギャラリー


カテゴリ:

< ヒョウモントカゲモドキの卵胞うっ滞  |  一覧へ戻る  |  ウズラの総排泄腔脱 >

このページのトップへ