HOME > 動物別症例集 > > 心臓病の猫

動物別症例集

< アレルギー性皮膚炎の猫  |  一覧へ戻る

心臓病の猫

心臓病の猫

心臓病はいくつかの種類があるのですが、猫ちゃんでは肥大型心筋症という心臓の筋肉が太くなるタイプが多いといわれています。
しかし、猫の心臓病はそれいがいにもいろんなタイプの心筋症が認められるため、エコーなどをしっかり見ていく必要があります。
また、心臓病ではないのに心臓病のように見えることもあるため、いろんな検査を組み合わせて診断する必要があります。

症状としては、無症状…つまり見た目上元気なのに心臓病を持っている子もいます。
そして、進行した後で重篤な症状が表れたり、血栓が詰まり突然死したりすることもあります。

病気として、見つけられにくく、症状が出た時には取り返しのつかない状況のこともあるので、
健康診断などで早めに診断できるといい病気の一つですね。

カテゴリ:

< アレルギー性皮膚炎の猫  |  一覧へ戻る

このページのトップへ