HOME > 動物別症例集 > モルモット > モルモットの乳腺腫瘍

動物別症例集

< 鳥の疥癬(かいせん)症・ヒゼンダニ症  |  一覧へ戻る  |  フトアゴヒゲトカゲの全身性微胞子虫症 >

モルモットの乳腺腫瘍

左側の乳腺が腫れています

モルモットの乳腺は、オスメスとも下腹部に左右1対存在します。

モルモットの乳腺腫瘍は、オスにもできるので注意が必要です。オスの方がより多いという報告もあります。
これは、殆どがメスにできる他の動物と違った特徴です。

約3割が悪性と言われていますが、報告によっては悪性の方が多いともされるため、発見された場合は積極的な外科摘出が推奨されます。


良性悪性ともに完全に切除できれば、完治しますが、発見が遅れると肺など他の臓器に転移する恐れがあります。
化学療法(抗癌剤)は確立されていません。

カテゴリ:

< 鳥の疥癬(かいせん)症・ヒゼンダニ症  |  一覧へ戻る  |  フトアゴヒゲトカゲの全身性微胞子虫症 >

このページのトップへ