HOME > 動物別症例集 > デグー > デグーの尾抜け・尾切れ

動物別症例集

< セキセイインコのマクロラブダス(AGY/メガバクテリア)症  |  一覧へ戻る  |  ウサギの不整咬合 >

デグーの尾抜け・尾切れ

尻尾の皮がずるむけてしまっています

デグーは尻尾が切れやすい動物で、不慮の事故による尻尾のトラブルが多くみられます。

特に尻尾の皮膚が裂けて中がむき出しになってしまう事故が多く、尾をつかんだり、どこかに引っ掛けたりすることで簡単に起きてしまいます。

この状態では細菌感染を起こしやすいので、抗生物質の治療が推奨されます。
1~2週間程度で乾燥して収縮していくこともありますが、自分で齧ってしまったり、感染を起こしてしまうようであれば、断尾の手術が必要になります。

同じような事故がシマリスにも起こりやすいため、これらの動物の尻尾はつかまないようにします。
また、尻尾でバランスをとっているとも言われていますので、尻尾が短くなってしまった子は落下事故にも気を付けましょう。

カテゴリ:

< セキセイインコのマクロラブダス(AGY/メガバクテリア)症  |  一覧へ戻る  |  ウサギの不整咬合 >

このページのトップへ