HOME > ブログ > 8ページ目

ブログ 8ページ目

夏に至る。

本日は夏至ですね。ムシムシジメジメ、体感的にも夏の到来をひしひしと感じています。

最近は犬の熱中症も毎年話題に上っており、日中のお散歩を控えたり、熱中症予防グッズもたくさん出ています。留守中の部屋の温度を監視・管理できるようなものもあるようなので、上手く利用してあげて下さいね。

暑さに弱いのはもちろん犬だけではありません。

例えば齧歯類のチンチラ。彼らは南米アンデス山脈の富士山より標高の高い地域に住む生き物なので、寒さに強く、暑さに弱いです。気温が32.2℃を超えると死亡すると言われています。湿度を50%以下にすると、25℃程度までは対応できるとされていますが、理想温度は10~20℃程度です。


例えばウーパールーパー。完全水中生活の彼らはメキシコの限られた地域にのみ生息しています。そこの水温はとても低いので、飼育下での推奨水温は15-18℃程度です。よく水温25℃ぐらいになっている、というお話を聞くのですが、病気の原因にもなりますので気を付けましょう。量販店などに売っていることもあり、あまり飼育に手間がかからないようなイメージもありますが、日本の夏を快適に過ごすには、工夫が必要なのです。


暑い地方の動物だからといって、安心はできません。
フトアゴヒゲトカゲはオーストラリアの乾燥地帯に生息し、30℃前後の環境で暮らしています。しかし、湿度には弱いと言われていますので、日本の夏は要注意です。
よく暑い国の人が、日本は湿度が高いから暑さがつらい、というのを耳にしますよね。

特にエキゾチックアニマルはケージや水槽で飼うことがほとんどのため、飼い主さんがしっかり温度管理をしてあげる必要があります。

動物毎の生態を意識して、快適な環境を作ってあげて下さいね。

フィラリアと健康診断キャンペーン

ゴールデンウイークが終わり、日差しも夏らしくなってきました。そろそろ蚊が飛んでたよー、という報告も聞いています。

蚊の季節といえば、フィラリア予防ですね。東京では遅くとも6月頭からの予防薬の投与が推奨されています。

当院では、毎年フィラリアの予防薬を使い始める前には、必ずフィラリアの血液検査を行っています。
体内でフィラリアの感染がある場合、予防薬を使うことで重大な副作用が生じる危険性があるためです。
(前年度にしっかりやってたよ、という場合にも、安全のために必ず行っています。)

また、採血をするついでに、一緒に健康診断を行うプランもご用意しています。

潜在的に内臓の病気を抱えている可能性のある高齢犬はもちろん、若い子でも、健康な時の血液の数値を把握しておくことは十分意味のあることです。数字としては正常範囲だけど、前年、前々年よりも数値が少し上がっている、という時には内臓機能が衰えているサインかもしれません。

年に1回の健康診断、健康な子は病院に来る機会も少ないと思うので、この機会にいかがですか?

20160512115503-d7b46507cd4393d2faec6a5029417ded5a85cbb6.jpg

赤ちゃん生まれました!

アリーズ動物病院の看板犬、ゴールデンレトリバーのクーラちゃんが赤ちゃんを産みました!!

里親を募集しておりますので、興味のある方は
動物病院うみとそら「03-3327-1222」
アリーズ動物病院「03-3465-1222」
ココニイル動物病院「03-3387-2211」
までご連絡ください♪

 

赤ちゃん情報


赤ちゃん達は4月22日産まれ
男の子が3人、女の子が4人の7人兄妹です

みんな元気満々☆

お母さんのクーラちゃんはJKCチャンピオン

お父さんもインターチャンピオンで血統もGOOD!!

 

生涯可愛がって下さるかたに御譲りいたします。
たくさんのご連絡お待ちしております

ペットの救護ガイドライン

まずは、今回の九州地方の地震で被害に合われた方々に、お見舞い申し上げます。
余震が続き、まだまだ安心できないということで、まずは地震が早く落ち着いてくれることを願うばかりです。

さて、昨年の豪雨の時に載せた内容ですが、その時はFacebook上のみだったので、もう一度HP上に掲載しようと思います。

皆さん気になるであろう、災害時のペット同伴避難についてです。

実は環境省では、基本的にペット同伴の避難を推奨しています。これは、【動物愛護】の点からだけではなく、逃げ出してしまった動物による野生化や無秩序な繁殖 を防ぐといった点や、動物の死骸の放置による環境衛生への懸念といった【住民の安全】【公衆衛生】の点からも、同伴避難が望ましいと考えられるからです。

環境省のホームページに災害時のペット救護に関するガイドラインが掲載されています。
https://www.env.go.jp/…/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html

ただし、避難先では動物が苦手な人やアレルギーを持った人など、必ずしも笑顔で迎えられるとは限りません。
少しでも避難先でのトラブルを回避するために、しつけやワクチンの接種、各種寄生虫の駆虫・予防など、日頃の備えはしっかりとしておくのが、飼い主の責任ではないでしょうか。

hinan.png


輸血と人工血液

先日、こんなニュースを目にしました。

「減り続ける献血可能人口、『足りない血液』を補う人工血液の研究進む」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000008-wordleaf-sctch

動物でも輸血をすることが少なからずあります。
大けがの出血多量で、というよりは、腫瘍の破裂による大量出血だったり、血液中の細胞が壊れてしまう病気だったり、血液が作られなくなってしまう病気などが多いですね。

動物には血液バンクが存在しないので、その都度ドナーを募ったり、スタッフの家の子に緊急出動してもらったりします。緊急時に血液を分けて頂くドナー登録もお願いしています
ですが、やはりいつでも十分量の血液が確保できるわけではなく、供血動物側にも多少負担がかかるためにもどかしい思いをすることも多くあります。

そんな中見つけたこのニュース。人の人工血液だけでなく、犬や猫の人工血液も研究が進んでおり、すでに開発には成功していて、実用に向けて動いているとのこと。
これは獣医療業界にとっても革命的です!
近い将来、輸血の血液確保先に悩まず、必要な子に惜しみなく人工血液を入れてあげることができるようになるのでしょうか。

実用にはもう数年先の話になるとのことですが、とても楽しみなニュースでした。



いよいよ桜の季節ですね!
先日中野通りから四季の森公園まで散歩してきました。中野通りは残念ながらまだ満開とは行きませんでしたが、週末の桜まつりに向けて着々と準備が進められていました。みなさん盛り上がってますね!

さて、桜といえば、「コザクラインコ」と「桜文鳥」が、その名を冠しています。
日本の桜にはどっちかというと文鳥かな?という偏見から、今回は桜文鳥のお話です。(元々は東南アジアの鳥ですが)

桜文鳥は、体の羽毛にぽつぽつ白い斑点がついているのが特徴です。この模様を桜の花びらに見立てて「桜文鳥」。何とも粋な、日本人らしい名前ですね。

そもそも文鳥の野生色は黒・白・グレーの3色で、桜模様は入っていません。本来は輸入された野生の文鳥を「並文鳥」と呼びます。
しかし最近では、繁殖の子でも桜模様のない子たちを「並文鳥」と呼ぶこともあるようです。(ノーマル文鳥とも言います)

さて、「並文鳥」が日本に輸入されて繁殖させていく間に、突然変異の真っ白な「白文鳥」が生まれました。愛知県弥冨村の繁殖場で生まれたカラーだそうです。今は台湾系の「白文鳥」もいて、繁殖の時に子供のカラーリングが弥冨系とは変わってくるとのことでした。
因みに白文鳥は英語で「Japanese Rice Bird」とも呼ぶそうです。

この「白文鳥」と野生色の「並文鳥」を掛け合わせてできたのが、「桜文鳥」になります。おそらく文鳥で一番一般的なカラーではないでしょうか?
白模様の面積により「パイド」と分類される場合もあり、模様のバリエーションが豊かで個性的なカラーともいえますね。

それから、色素が全体的に薄めの2品種があります。体色が全体に薄グレーの「シルバー文鳥」と、セピア色の「シナモン文鳥」。
この2品種はメラニン色素が少ない種類なので、紫外線にやや弱いと言われています。

他にもアゲイト、クリーム、イノ、アルビノ、ブルーなどのカラーも生まれているようです。

興味がある人は、カラーとその由来も調べてみると面白いかもしれません。

春になれば

a0960_006693.jpg

どじょっこだのふなっこだのも騒ぎ出す季節ですが、奴らも動き出します。

ノミです。

ノミは最低気温が13℃以上であることと、湿度が一定以上あることで発育します。
まだまだ寒い日はありますが、これから暖かい日が続くと徐々に増えてきます。

「室内飼いだから大丈夫?」

ノミは数十cmもジャンプすることができる、とても行動範囲の広い虫です。
完全室内飼いの猫さんでもいつの間にかノミがついていた、という話は去年だけでも2件ありました(実際の感染経路は不明ですが)。

「ついてから治療すればいい?」

ノミは動物に取り付いて吸血してから、48時間以内に卵を産み始めます。(1日20~50個も!)
なので、家の中の子にノミが見つかったら、すでにカーペットやベッドに卵を産んでいる可能性があります。

また、ノミはおなかの寄生虫を媒介することも知られています。
昔は「黒死病」と呼ばれ、高い致死率で恐れられていたペストも、ネズミにつくノミが媒介する病気でした。
今の日本ではペストの心配までは必要ありませんが。


ノミの予防は、月に1回背中に薬をたらすスポット製剤や、飲み薬が出ています。
ついてしまうと大変なので、しっかり予防を心掛けましょうね。

DSC_1581.jpg

只今、換羽真っ最中

もうすぐ3月。温かい日があったと思ったら急に雪が降ったりと、来るべき春に先立ち、まさしく三寒四温の今日この頃ですね。

そんな中、うちの文鳥のビーちゃんは換羽真っ最中。
イワトビペンギンかと言わんばかりに頭の羽毛が逆立っています(笑)
DSC_0043.jpgDSC_0040.jpg


さてこの換羽期、鳥にとっては一大イベントなのです。

この時期はどんどん新しい羽毛を産生するために、より多くの栄養素が動員されます。
鳥では代謝率が30%増加し、必要な摂取タンパク量が倍になるとも言われています。

このことが体にとっては大きなストレスとなり、免疫力の低下などを引き起こして体調を崩す一つの要因となるのです。
実際この頃に一時的に元気がなくなり、水っぽい便を出すようになったり、吐き気を催す子がいます。

換羽が終われば体調も戻る子も多いですが、重大な病気の引き金になることも多い時期です。

この時期は保温や安静に心がけ、具合が悪そうな子はそれ以上こじらせないよう、早めの診察・治療をお勧めします。

勉強会

ココニイル動物病院では、院内スタッフ向けの勉強会を定期的に行っています。

グループ内3病院(アリーズ動物病院・動物病院うみとそら・ココニイル動物病院)のスタッフが勤務終了後に集まり、最新情報の共有や、外部セミナーで学んできたことをみんなにアップデートします。

昨日も業務終了後、勉強会が開催されました。
テーマは救急対応について。

いざ死に直面した動物が来た時にどうすればいいのか、どう動けばいいのか。内容的に少し難しい部分まで踏み込んだものになりましたが、獣医師はもちろん、サポートに入る看護士さんたちも夜遅くまで熱心に耳を傾けていました。

皆さん、お疲れ様でした。

DSC_1480.jpg

お正月、犬でも注意!

皆さん、お正月はいかがでしたか?
ココニイル動物病院は通常営業でしたが、やはり普段と違う時には、ちょっと変わった症状で来院される子がいるもので。

下のレントゲンは、このお正月に急患で来院した子のものです。喉のところ、ちょうど気管の入り口付近に何か詰まっています。
さて、何が詰まっていたでしょうか?

20160103185503-8b9e38d5da8a18dc35c761f9d2d004cdd427a415.jpg


お正月と言えば。・・・そう、お餅です。

お餅を詰まらせて救急搬送、という話はよく人でもありますが、動物たちも例外ではないようです。
この子は対応が早かったので、元気にお家に帰っていきましたが、対応が遅かったら亡くなっていたケースでした。

お正月は来客やお出掛けなどでバタバタしがちだと思いますが、こういった時こそ思わぬ事故に気を付けてあげて下さいね。

<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ